2010年11月23日

流れ星 6話 「愛と死」

流れ星の感想 6話

上戸彩さんが北乃きいさんに「してもしなく
てもお金は貰うよ、そういう契約だから」と
言いますが「そう言われても『300万損す
るから手術する』とはならないだろ」って
言いたくなりました。


松田翔太さんが北乃きいさんには「脱走は
これで最後分かった」と言いますが「次に
脱走したら麻酔を打って強制的に手術しちゃ
え」って言いたくなりました。


北乃きいさんが松田翔太さんに「先生、私
手術しないって決めたから」と言いますが
「ウザイ女だな、そこまでする竹野内豊さん
の気持ちを考えてやれよ」って言いたくなり
ました。


上戸彩さんが板谷由夏さんに「あんたさぁ
言ってくれない手術しろって」と言いますが
「上戸彩さんの肝臓が嫌なんで無理だろ」
って言いたくなりました。


稲垣吾郎さんが原田美枝子さんに手術を止め
て下さいと言い「僕にはたった一人の大事な
妹なんです」と言いますが「『僕にはたった
一人の大事な金づるなんです』だろ」って
言いたくなりました。


手術をしないと言う北乃きいさんに桐山照史
さんが「生きれんのになんで断った」と言い
ますが「生きたくてドナーを待っている人か
らすれば信じられない行為だよな」って言い
たくなりました。


上戸彩さんが松田翔太さんに「貰った金返せ
ば手術出来るんでしょう」と言いますが
「本当に上戸彩さんは見た目とは違いマジメ
で良い人だよな」って言いたくなりました。


杉本哲太さんが竹野内豊さんに「俺がお前の
立場だったらきっと同じ事してるよ」と言い
ますが「俺はするかどうかは分からないけど
する気持ちは理解出来るな」って言いたく
なりました。


桐山照史さんが竹野内豊さんに「ムチャク
チャなやり方でもあいつに生きて欲しい」と
言いますが「死が身近にあるんで誰よりも
生きられる大切さが分かっているんだろうな」
って言いたくなりました。


原田美枝子さんがお金を差し出すと稲垣吾郎
さんが「止めて下さいよお母さん本当分かり
ましたから」と言いますが「『少ないですよ
お母さん本当納得出来ません』だろ」って
言いたくなりました。


稲垣吾郎さんが上戸彩さんに「お兄ちゃんが
お前を守ってやる」と言いますが「『お兄
ちゃんがお前の肝臓をもっと高く売ってやる』
だろ」って言いたくなりました。


上戸彩さんが竹野内豊さんに「押し付けでも
何でも生きてて欲しいって気持ちは本物じゃ
ん」と言いますが「その気持ちを理解出来な
い北乃きいさんが悪いよな」って言いたく
なりました。


流れ星 6話 「愛と死」のボツ記事は、こちらから





流れ星の評価 6話
10段階評価
★★★★★★★★8
posted by Ringi at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 流れ星の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。